【2020完全版】ユニバ 歴代ホラーナイト怖い順ランキングTOP10

テーマパーク

初めて来てくださった方も、そうでない人も来てくださりありがとうございます!運営者のmiyako(@hal_73)です。

 

 

 

今年もこの季節がやってきました。

毎年ユニバで一番の大盛り上がりを見せるパークを巻き込んだ一大イベント

 

ハロウィンホラーナイト

©︎Universal studio japan

歴史を紐解くと実は2008年から毎年開催されている、ハロウィンホラーナイト。

これまでたくさんのホラーアトラクションを生み出してきました。

 

そんなホラーナイトも今年で12年目。

コロナの影響で、今年開催されるかどうかすら怪しいですが、無事今年も開催されることを一ファンとして祈ってます。

 

ということで今日は、歴代のホラーナイトで個人的に怖かったホラーアトラクションをランキングにて発表していきます( ·ㅂ·)و ̑̑

 

全ては多すぎるのでTOP10を発表していきます。

 

miyako
miyako

有料だった「トラウマ」「ホテルアルバート」は除外しておくよ。

※現在ユニバでは感染拡大防止ガイドラインのもと運営しています。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 


歴代ホラーナイトの怖さランキングTOP10

第1位:祟TATARI

©︎Universal studio japan

第1位は「祟TATARI~生き人形の呪い」

 

世界の映画を題材に多くのお化け屋敷が作られてきましたが、2016年に純粋な和風のお化け屋敷が作られました。

 

このお化け屋敷では、グループに1本のロープと1枚の御札が渡されます。

そのロープを決して離すな、この御札を奥の棺に奉納してほしいと言われ、建物内を進んでいきます。

 

何が怖いって、建物内にある人形が「本物の曰くつき日本人形」なんです。しかもその数500体。

ユニバの本気度がうかがえますね。

 

©︎Universal studio japan

 

ちなみに、最後の棺に御札を奉納すると、後ろの襖がドン!!って開き、人間の大きさの日本人形が全速力で走ってきます。

これがめちゃくちゃ怖い。知らずに行くと本当にチビります。

 

日本人ってだけで、和風ホラー苦手なところあるから、特に祟は一番怖かったです。

 

・本格的な日本のお化け屋敷
・曰くつき日本人形が500体登場
・最後は日本人形と全力鬼ごっこ

 

第2位:エルム街の悪夢/13日の金曜日

©︎Universal studio japan

第2位は「エルム街の悪夢/13日の金曜日」

悪夢に出てくる殺人鬼フレディ・現実で襲い掛かる殺人鬼ジェイソンのホラーメイズ。

作品は違えど、似た系統のホラーメイズのため今回は同率2位にしました。

 

フレディとジェイソンに執拗に襲われるこのホラーメイズは、ホラーナイトの中でも怖さが際立っており

お化け屋敷に慣れた人でも、その怖さに動けなくなるほど。

 

こちらもTATARI同様、1グループに1本のロープが渡されるので、ロープにつかまっていれば勝手に引っ張っていってもらえます。

 

 

©︎Universal studio japan

 

また海外のホラー映画なので、演出もかなりグロテスクなホラーメイズになっています。

 

血ブシャー!頭ポーン!うわぁ!
うわぁ!!どっか連れていかれた!
血ブシャー!

 

miyako
miyako

ずっとこんな感じです。

 

・追いかけられはしない。
・グロテスクなシーンたくさん。
最後の最後まで油断しないように。

 

第3位:学校の怪談

©︎Universal studio japan

 

第3位は「学校の怪談」です。

 

元ネタは筆者が大好きな映画『学校の怪談』

でも映画とはほとんど関係なく「学校にまつわる怖い話を」シアターで楽しむ劇場型アトラクションとなっています。

 

miyako
miyako

しかし問題があって、ユニバ側は「学校の怪談」の怖さレベルを10段階中の2に設定していました。

 

みなさん騙されないでください。

控えめに言っても怖さレベル6はあります。

怖さレベル2にウキウキした女子高生たちは何人も恐怖のどん底につき落とされました。

 

本編で流れる怖い話は全部で3つ。

出典:USJdeTKO

 

はいここで問題です。

この中で特に問題児だったのは何番でしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:写真AC

 

彼女ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの誰ですか?劇場型のシアターでグロ映像流していいって言った方。

 

注意してくださいね皆さん!

映像の中で、口裂け女にはさみで口をチョッキンされるという映像が流れます。

 

切る音と悲鳴が大音量、もちろん途中で抜けることはできません。

そして最後には暗転からの、ゲストの目の前に本物の口裂け女が出る始末。

 

miyako
miyako

これが怖さレベル2だと??

 

みんな心の中で突っ込んだので、次はせめてもう少し、刺激の弱いみんなで楽しめるやつにしてください。

でも筆者は大好きだよ。

・劇場型シアターで見るだけ
・映画との関連性はない
・予想を裏切る怖さなので注意

第4位:カルト・オブ・チャッキー

©︎Universal studio japan

 

第4位は「カルト・オブ・チャッキー」

元ネタは「チャイルドプレイ」という映画です。このキャラクターは知っているという方も多いのではないでしょうか。

 

簡単な映画のあらすじ

殺人鬼の魂がチャッキー人形に乗り移り、新たな体を求めて殺人を繰り返す。

 

ホラーナイトのアトラクションでは、「おもちゃ工場」や「病院」を舞台にチャッキーが大暴れするホラーメイズです。

 

ただし出てくるチャッキーの大きさが人間大の大きさになっているので、先ほどの日本人形同様注意してくださいね。

 

miyako
miyako

ちなみに映画のチャッキーは人形なので、膝下くらいの大きさだよ。

 

お化け屋敷でお決まりのやり取りもたくさん盛り込まれているので、キャラの怖さも相まってかなりの怖さレベルを誇っています。

 

いるいいるいるよ…!行っていいのこれ?
行ったら絶対来るって!
でも進まないと…!行けっ…!!

チャッキー「うわっ!!!!!!!」

©︎Universal studio japan

みたいなやり取りも…。

 

ちなみに中学生のグループが前にいたのですが怖すぎて腰抜かしていました。

そして見事に見捨てられていました。

 

・多少追いかけられる
・グロテスク描写多め
・最後の最後まで油断しないように

 

第5位:エクソシスト

©︎Universal studio japan

 

第5位は「エクソシスト」です。

こちらも8人1組でロープをもって進む純粋なホラーメイズで、人気もあり過去に2回登場しています。

 

あらすじ

悪魔に取りつかれたナンシーという少女を助けるため、ゲストは館を進んでいきます。悪魔祓いには聖水をかける必要があるが…

 

ちゃんとストーリーがあるホラーメイズとなっております。

映画のシーンが随所に盛り込まれており、ファンの間でも大絶賛のホラーメイズとなった「エクソシスト」。

©︎Universal studio japan

以下がその再現シーンです。

①階段を背面歩きで降りてくる少女
②少女が暴れ、家具が勝手に動く。
③少女の首が180度回転。
④聖水をかけるミッション。

 

あとちなみに、あまりノロノロ進んじゃうと、後ろからスタッフに注意されます。

実はこれが一番怖い。

 

・少し追いかけられる。
・忠実に再現されたシーンは必見。
・少女が液体飛ばしてくるので注意。

 

第6位:デッドマンズ・フォレスト

©︎Universal studio japan

 

第6位は「デッドマンズ・フォレスト」

こちらは、映画原作のない完全オリジナル、ゾンビがたくさんいる「森」からの脱出を目指す迷路型ウォークスルーホラーとなっております。

周りに参加している人がたくさんいるので、他のホラーメイズに比べ怖さは控えめです。

 

あらすじ

近くの森の中にいる化学工場が爆発、有害物質が流出してしまった。その物質は生物を死滅させ凶暴なゾンビに変貌させる危険な物質だった。

ゲストは誤ってこの物質を浴びてしまう。解毒するための施設は「森」を抜けた先、ゾンビをかいくぐり施設を目指せ!

 

ゲストは小さなグループに分けられるも、どんどん森の中へ送り込まれるので周りをよく見ると

他のゲストの姿が見えます。

 

昼に行けば、行く手を阻むゾンビも隠れているのがバレバレ。どこから出てくるのかおおよそ予測もできます。

 

しかし唯一怖い点が

とにかくゾンビの顔の造形が怖い。

 

そこを除けば、ホラーが苦手な人も楽しめるウォークスルーでした。

謎解き要素も含まれているので、ただの迷路だけじゃないという点は個人的に楽しめました。

覚えておくパスワードは「429279(死肉を繋ぐ)」なぜか毎年一緒のパスワードです(笑)

 

・昼に行けばホラー控えめ。
・ゾンビの顔がとにかく怖い。
・周りに人がいるので精神的に安心。

 

第7位:サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ

©︎Universal studio japan

 

第7位は「サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ」ゴーストがさまよう幽霊船を舞台にした完全オリジナルのホラーメイズです。

 

ゴーストから逃げるため

「絶対に音をたててはいけない」

というテーマの変わり種。

 

©︎Universal studio japan

 

音を立ててはいけないという、無理難題を言われるのですが、静かにしているとゴーストたちは本当に襲ってきません。

なんならゴーストの顔をまじまじと見ることだってできます。

 

静かにすることさえできれば、幻想的な豪華客船とゴースト見学するツアーに早変わりです٩(ˊᗜˋ*)و

 

まぁ途中で時計が大きな音を立てたり、鎖が何本も垂れている道を歩かせられたりと

ユニバ側が全力で阻止してくるんですけどね

 

・静かにできれば怖さ0。
・幻想的な船の造形は見る価値あり。
・たまに美男美女のゴーストいる。

 

第8位:貞子:ターミネーター2:3D

©︎Universal studio japan

 

第8位は「貞子:ターミネーター2:3D」

2013年に5つのアトラクションが貞子とコラボしました。その中で唯一2019年まで毎年開催されたのがこの「貞子:ターミネーター2:3D」です。

 

初めてコラボした2013年、上映が終わった後にスタンディングオベーションが起こるほどの完成度の高さを見せつけてくれました。

 

以下演出ネタバレ

①オープニング途中映像トラブル。
②上映前に、電話が鳴り女性が発狂。
③暗転からの貞子が出現。
④実は綾小路麗華からの盛大なドッキリだと伝えられる。
⑤だが綾小路麗華は本当に呪われてしまい最後は貞子に絞殺される。

 

中々に演出が凝っています。

特に館内はマナーモードにしてくださいね~という注意からの、LINE電話が館内に響き渡り女性が発狂するシーンはよく考えたなと思いました。

 

つかみはここでバッチリ。

 

あとは座席によって、貞子が近くに来たり来なかったり。

常連組は近づきたいために最前列を狙いに行くので、近くで貞子を拝みたい方は最前列を狙っていきましょう。

 

・7年連続の完成度は伊達じゃない。
・座るだけなので怖さは控えめ。
・綾小路麗華と貞子の夢のコラボ。

 

第9位:エイリアンVSプレデター

©︎Universal studio japan

 

第9位は「エイリアンVSプレデター」

2004年2大クリーチャー夢のコラボを描いた映画「エイリアンVSプレデター」

こちらも2015年に1度だけウォークスルーホラーとしてユニバとコラボしました。

 

あらすじ

獰猛なエイリアンの巣窟となったラボで冷酷非道なエイリアンと神出鬼没のプレデターの戦いにゲストは巻き込まれる。

 

このアトラクションは怖い!というより

エイリアンの造形めっちゃリアル!プレデターかっこいい!ってファンが熱狂するウォークスルーなので怖さは控えめ

 

前のゲストとの間隔が狭いため、普通に歩いても合流でき途中から大人数で進むこともできました。

 

ラボの研究員が殺されていたり、エイリアンの造形にグロテスクを感じる人もいたためそこだけ注意していれば

楽しく回ることができます。

 

miyako
miyako

ただ人気がなかったのか、この1度きりでその後は復活しなかったんだよね。

 

・怖いよりかっこいい方が強い。
・SFホラーファン専用。
・音が大きいので耳栓あれば楽

 

第10位:貞子:スペースファンタジー・ザ・ライド

©︎Universal studio japan

 

第10位は「貞子:スペースファンタジー・ザ・ライド」です。

いつものスぺファンなのですが、コースター内の明かりが全て消され真っ暗闇の中を走行するライドアトラクションです。

 

走行中は二人の子供の会話が聞こえ

「井戸に落とされて殺された女の人」の話をします。

 

miyako
miyako

それだけといえばそれだけなのですが、真っ暗闇を走行しながら怖い話を聞く体験はそうそうできませんね

 

なにか他にもあるのか!?

と身構えてしまいますが特に大きなことが起きるわけでもないのでホラーが苦手な人でも大丈夫なアトラクションでした。

 

・暗い
・とても暗い
・とてもとても暗い

 


おわりに

もうかれこれホラーナイトに参加するのも今年で8年目。

毎年、面白さと怖さがパワーアップすホラーナイトはこれからも参加していきたいイベントの一つです。

 

miyako
miyako

今年のホラーナイトの情報は発表されしだい記事にするので、参考にしてみてくださいね

 

では以上です!

 

ブログ村に登録しています。
クリックしてくださると筆者は喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

おわりっ

miyako

コメント

タイトルとURLをコピーしました