【夏のホラー企画】第一夜:倒れた日本人形【怖い話】

ホラー
miyako
miyako

初めて来てくださった方も、そうでない人も来てくださりありがとうございます!運営者のmiyako(@hal_73)です。

 

本日から夏のホラー企画として8月31日までホラー系の記事をバンバン出していきます٩(ˊᗜˋ*)و

ただし苦手な人もいると思うので、そういった方は閲覧を注意してください。

 

そんな記念すべき第一夜は怖い話

倒れた日本人形を送りします。

 

フィクション?

miyako
miyako

少しだけフィクションだよ。

 

追記:怖い話と書きつつ、終盤のオチはかなりふざけていますので安心して読めるかと思います。途中までは実話で、途中からフィクションなので気楽に読んでやってください。

 


第一夜:倒れた日本人形

これは僕が高校生の時に体験したお話です。

僕の実家は普通の一戸建ての家なのですが、1階の一部屋だけ日本人形が置いてある和室がありました。

小さなころから日本人形が怖かった僕は、あまりその和室に近づくことはなく普段はリビングや自分の部屋で過ごしていました。

 

そんなある日の日曜日

 

僕はサッカーの部活動がオフで休みだったので、家で過ごしていると、母親と兄は部活の試合ということで一人で留守番をすることになりました。

 

母:戸締りだけしておいて、誰もこないと思うけど

 

miyako
miyako

ほい。気を付けて

 

兄貴と母親が出ていったので2階の自分の部屋に行き、携帯を触って過ごしていたのですが二人が出て行った数分後、1階から何か物音がしました

 

miyako
miyako

(…あれ?何か忘れ物でもしたのかな)

 

母親が忘れ物でもして一回戻ってきたのかと思った僕は、2階にあるトイレに行くついでに階段の横を通ったので

 

miyako
miyako

母さん?忘れ物ー?

 

と声をかけました。いるなら聞こえる音量で。しかし返答はありませんでした。

どうやらいないようです。

 

自分の勘違いかと思いトイレに入り用を足していると、

 

ドン・・・ドン・・・ドン・・・

 

誰かが階段を上がってくる音がしました。

不気味なほどにゆっくりの足音。

 

ドン・・・ドン・・・ドン・・・

 

僕は霊感は全くないのですがこの時ばかりは何か嫌な予感がして、ドアを少し開け様子を見るも何もない普段の光景。

 

しかし足音は一歩ずつ上がってくる。

 

ドン・・・ドン・・・ドン・・・

 

このままここにいてもと思った僕は、一か八か意を決してトイレを飛び出し、自分の部屋に駆け込もうとしました。

その時にチラッと階段を見ると。

 

 

階段の真ん中で
日本人形が倒れていました。

 

 

あの和室にあった日本人形が、階段の中腹で横に倒れていました。

 

ゾワッとした僕はそのまま部屋に駆け戻り布団にくるまって息を潜めました。もうそのときは気が動転して何が何だかわかっていませんでした。

 

だが次の瞬間、部屋の外から、いきなり大きな声で

「破ぁ!」

Tさんの声が聞こえました。

 

まばゆい光に包まれた部屋の外に出てみてみると、Tさんが日本人形を跡形もなく消し飛ばしており、手をパッパッと払っていました。

そしてTさんは「こいつが君に悪さをしたのか…」とつぶやき家を去っていきました。

 

寺生まれってすごい。

僕は改めてそう思いました。

 


おわりに

なにこれ?

miyako
miyako

寺生まれのTさん

 

 

やっぱり怖すぎるのもいかがなものかと思って、怖い話に寺生まれのTさんを呼んで解決してもらいました。

 

どこから来たんだ、素性は?とか聞いてはいけない。彼は怪奇現象に颯爽と現れてすべてを解決してくれるお坊さんです。

 

こんな感じで、ちょっと自分のカラーは壊さずにホラー記事書いていきますので、これからも楽しんでいってください┗=͟͟͞͞( ˙∀˙)=͟͟͞͞┛

 

怖くないじゃん!!

miyako
miyako

途中までは怖かったでしょ!!

 

第一夜目:倒れた日本人形

コメント

タイトルとURLをコピーしました